暮らしに彩りを

くらしのワルツは、
暮らしを彩る情報をお届けするメディアです。

プロパンガスと都市ガスの主な違いは料金と契約する会社。それ以外はほぼ同じ

くらし
くらし

最近引っ越しをしたのですが、引っ越した物件がプロパンガスでした。多分住んでいる地域や物件の築年数、間取りなどが影響しているのだとおもいますが、最初に戸惑うことが少しあったので違いを記録しておきたいと思います。

プロパンガスと都市ガスの違い① 料金

プロパンガスと都市ガスの主な違いは料金と言われています。

料金については使用量に対してプロパンガスは都市ガスの1.5倍〜2倍くらいの料金になるそうです。都市ガスで月3000円だった場合、プロパンガスで4500円〜6000円になるくらいの変化があるということです。

私の家は、都市ガスの頃は4500円だった料金が9000円になっています。家が広くなっていたり、風呂が大きくなっていたりという変化はあるものの、体感としてはやはり大きく上がっている気がします。

プロパンガスと都市ガスの違い② 契約する会社

もう一つの違いは、契約する会社の変化です。

私の場合はもともと地方系大手電力会社で電気・ガスをセット契約していたのですが、大手電力会社ではプロパンガスの取り扱いがなく、契約の切り替えが必要でした。

切り替えに際して、普通の地方系大手ガス会社と契約すればいいと思っていたら、プロパンガスの事業部は子会社にあるということでそこからさらに契約がわかれました。

契約がわかれたり、変化したりすることで大きな問題はないのですが、それまで利用していたWebサイトと、新しいWebサイトで利用実績などをわけて見たりしなくてはいけないので手間だなあとは思います。

*これは利用している会社にもよるとは思います。

他にも注意点・備忘録など

以下は業者さんに聞いてわかりましたが、最初はわからなかったので皆さんも切り替えの際には聞いてみるといいでしょう。

・プロパンガスのボンベは管理業者・ガス会社が勝手に交換してくれるので賃貸の場合は気にする必要がない

・ガスの安全性については都市ガスと相違ない

それでは参考にしてみてください。

コメント