暮らしに彩りを

くらしのワルツは、
暮らしを彩る情報をお届けするメディアです。

東京で住む街を探すなら「東京Deep案内」を読んでもいいかも。首都圏住みたくない街はどこ?

くらし
くらし
こんにちは。アノマチの管理人です。 今回紹介するのは、東京で街を探すときの参考? になるウェブサイト「東京Deep案内」のご紹介です。

\理想の街も聞ける「イエプラ」/

プロにお部屋を探してもらう

東京Deep案内とは

東京Deep案内とは、タイトルの通り「ディープな東京をせきららに紹介するWebサイト」です。不動産会社が教えられない「住みたくない街」や「危険な街」など、ゴシップ的に街を紹介していることで人気を集めています。
サイトは紫ベースのアングラ感満載のデザイン) そのサイトの用途は様々だと思いますが「アノマチ」の趣旨に照らすと、街を探している人やあの街どんな街? と気になっている人におすすめすることになるでしょう。 内容も紹介も兼ねて、記事のリンクを掲載します。 まずは基地の街、朝霞の紹介。アングラな雰囲気のタイトル。
【八王子市】東京最西端のマンモス都営団地に寄り添う劇寂れマーケット「長房新栄商店街」
次も商店街の記事。八王子にある寂れた商店街の紹介。 画像には「無断転載禁止」という文字入れもしているところから強いこだわりも感じるし、写真の画質ではなく内容、実際の撮影地のアングラ感を見せてくるところにサイトの気合いを感じます。

\理想の街も聞ける「イエプラ」/

プロにお部屋を探してもらう

9年で100万PVを達成。そのこだわりの強さに圧巻

このサイトは2018年で運営9年。2008年にサイトを開設したそうだ。 私の視点では、このサイトを9年続けるのは骨が折れることだと思う。9年間の運営期間もそうだが、アングラでディープな街を探し続け、取材し続ける気力。面白そうではあるが、実際にやってみると怖いし危ないし大変だし、、好きじゃなければ(仕事だとしても)やりたくないだろう。 このこだわりの集大成が書籍にもなっているから、興味がある人はぜひ「首都圏住みたくない街」を手にとってはいかがだろう。 街探しの参考にもなるかも・・しれない。 以上

\理想の街も聞ける「イエプラ」/

プロにお部屋を探してもらう

コメント