暮らしに彩りを

くらしのワルツは、
暮らしを彩る情報をお届けするメディアです。

映画「アラジン」のネタバレありのあらすじ・考察・感想。元ラッパー、ウィル・スミスの持ち味を活かした作品

ごらく
(C)2018 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
ごらく

実写版映画「アラジン」を見ました。2019年に公開されて当時映画館でも見ましたが、やはり面白い。

原作アニメ「アラジン」も面白いですが、原作も尊重されていてとてもいい映画でした。

今回も”くらしのワルツ”らしく、ポイントで見どころ・気になりどころを紹介した上で、最後にあらすじ・ネタバレありの考察・感想を書きたいと思います。

ディズニープラスで「アラジン」を見る

ナオミ・スコットかわいい|映画「アラジン」の感想・考察①

(C)2018 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

全方位でかわいいです。

アラジン…|映画「アラジン」の感想・考察②

(C)2018 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

アラジンが大事なところで嘘をつくんですよ。これは原作もそうなんですが「えっ。ここで嘘ついたら終わりやん」ってところで嘘ついてしまうんです。

人は変わる…悪い方に…という典型的な悲しいやつやってしまうんです。

ただ、根は正しい青年で、自分がお腹をすかしていても盗んだパンを子どもにあげるような青年。その後、魔法によって力を得たときに、その純真さを失ってしまいそうになるのですが、最後には友情・愛情のおかげで自分を取り戻します。

野望を求めろと説得するジャファーは対局というか、悪い方に変わってしまった先のアラジンの姿とかぶります。

主役はウィル・スミス|映画「アラジン」の感想・考察③

(C)2018 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

この作品、アラジンとジャスミンが中心にも思えますが、冒頭はウィル・スミス、ラストもウィル・スミス、そしてエンドロールの最初もウィル・スミスです。

全体に流れる中東感×HIPHOP感の招待は、アラジンの中東感×ウィル・スミスのHIPHOP感なのです。このあたりは全然知らなかったのでもう少し調べてみたいと思います。

ウィル・スミスが主演を務める「メン・イン・ブラック」の主題歌のPV

Will Smith – Men In Black (Video Version)

ウィル・スミスが歌う、めっちゃ売れた曲

Will Smith – Gettin' Jiggy Wit It

 

“女王”ジャスミンの尊さ|映画「アラジン」の感想・考察④

(C)2018 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

これは最近のディズニーらしい主題、と「映画「白雪姫と鏡の女王」のネタバレありのあらすじ・考察・感想。挟み込んでくるコメディ要素が面白い」でも書いていますが、女性自身が力を持って自分の道を切り開いていく。

ディズニーの物語もともと夢を見る人を応援する・最終的に王子との出会いで報われる、シンデレラストーリーが中心だったと思います。ですが、実写「美女と野獣」も本作同様プリンセス自らが戦う。世界を変える。その上で王子にも力をもらうという現代的な物語になっていて、見ていてとても勇気をもらえます。

今回は、ナオミ・スコット演じるジャスミンが女王として生きていきたいと考えているにもかかわらず、国王は「女性らしく振る舞え」と言い、ジャファーには「女は見た目が美しければいいんだ」と言われ、アラジンには「君を買う」と言われる。

最終的にジャスミンは国防軍の司令官であるハキームに対して「ルールを守るのは大事だが、ついていく人を選ぶのはあなただ」と強いメッセージを贈り、その言葉は彼に届く。

その描写があったからこそ、最終的にアラジンに救われるジャスミンには魅力が溢れていると思います。(武力的な強さではなく、意思の強さ)

ディズニープラスで「アラジン」を見る

映画「アラジン」のネタバレありのあらすじ、感想、考察

(C)2018 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

それでは最後にあらすじをざっくり紹介して終わりたいと思います。

舞台はウィル・スミスが運行する船から始まる。子どもたちに話をしようと、ウィル・スミスが物語を歌いはじめる。

物語の舞台は砂漠にある街アグラバー。主人公は貧しくも、やさしい心を持つ青年アラジン。貧しさに困りながらも、ある日出会った王女ジャスミンに恋をして、城に忍び込み恋をすすめる。

城に忍び込んだところを国のNo2ジャファーに見つかり、彼の野望を叶えるために「魔法のランプ」を砂漠の魔窟に取りに行かされることになる。そこでアラジンと相棒のアブーは魔法のじゅうたんに出会ったうえでランプを見つける。しかし、ジャファーに騙されたアラジンたちは洞窟に閉じ込められるが、魔法のランプの主、ジーニーの力で脱出を果たす。

その後魔法のちからで王子になったアラジンは凱旋パレード、ジャスミンとの再開、ジャファーとの戦いを経て最後にはジャスミンと結婚を果たす。

 

結婚に至るまでのジャスミンの「女性性」との戦い、「権力」を手にしたアラジンの自分自身との葛藤。ジーニーとアラジンの友情など、ミュージカル的面白さだけではない、複雑な群像も描いた作品です。

ディズニープラスで「アラジン」を見る

映画「アラジン」の製作・概要

2019年製作/128分/G/アメリカ
原題:Aladdin
配給:ディズニー

制作陣

監督:ガイ・リッチー
製作:ダン・リン ジョナサン・アイリヒ
製作総指揮:ケビン・デラノイ マーク・プラット
脚本:ジョン・オーガスト ガイ・リッチー
撮影:アラン・スチュワート
美術:ジェマ・ジャクソン
衣装:マイケル・ウィルキンソン
編集:ジェームズ・ハーバート
新曲作詞:ベンジ・パセック、ジャスティン・ポール
作詞:ハワード・アシュマン ティム・ライス
作曲・音楽:アラン・メンケン

キャスト

ジーニー:ウィル・スミス
アラジン:メナ・マスード
ジャスミン:ナオミ・スコット
ジャファー:マーワン・ケンザリ
サルタン:ナビド・ネガーバン

出典:「アラジン

画像:(C)2018 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

コメント