暮らしに彩りを

くらしのワルツは、
暮らしを彩る情報をお届けするメディアです。

映画「もののけ姫」を10倍楽しむための23の真実(ネタバレあり)。アシタカの出自、時代、壮大なテーマとは。考察・レビューも交えて紹介します。

ごらく
ごらく

ジブリの大作「もののけ姫」が2021/08/13の金曜ロードショーで放送されるということで、もののけ姫を10倍楽しむための23の真実を紹介します。

映画のこと

【1】1997年公開、宮崎駿監56歳の映画作品

もののけ姫は1997年公開の作品。それまでにもナウシカ、ラピュタ、トトロなどを制作しています。

【2】当時の歴代興行収入1位、2021年8月時点でも7位

当時公開された映画としては日本歴代興行収入第一位。この記事を作成している時点でも歴代7位に入っています。

【3】製作が徳間書店、日本テレビ放送網、電通

製作はジブリ発足のきっかけとなった雑誌アニメージュを発行していた徳間書店。プロデューサーの鈴木敏夫さんの古巣でもあります。歴代ジブリの大スポンサーでもある金曜ロードショーの日本テレビ。そして電通が製作に入っています。(博報堂と電通を交互に使うことが有名です)

【4】期待されていなかった(反対されていた)もののけ姫

公開後は日本の興行記録を塗り替えるなど大ヒットのもののけ姫ですが、製作前には不安な空気が漂っていたそうで、プロデューサーの鈴木敏夫さんによるともののけ姫は大反対されていた。だからこそ、興行収入の目標を立てる必要があった、と語っています。

【5】プロモーションのための全国行脚、徹底したロケハン

映画公開のたびに新しいプロモーションに挑戦していた鈴木敏夫さんは、この作品ではプロモーションのためのメイキングビデオ、取材旅行の映像化・販売を行ったそうです。

私の家の近所にある図書館でも、このときに作成された書籍やビデオがたくさんおいてあります。

制作の裏話のこと

【6】スタジオジブリ最後のセル画、絵の具を使った作品

スタジオジブリは従来のセル画を使ったアナログ制作から徐々にデジタルに移行していくのですが、この作品が最後のセル画作品になったそうです。

一部はデジタル処理されているなど、徐々に制作体制の移行が始まったそうですが、1997年の制作からデジタル処理って想像を超えています。

【7】本当はタイトルを「アシタカせっ記」にしたかった

宮崎駿監督はこの作品のタイトルを「もののけ姫」ではなく「アシタカせっ記」(せっ記の「せっ」は「聶」の上の耳を上みたいな形にした漢字で、宮崎駿監督の造字)にしたかったそうですが、プロデューサーの鈴木敏夫さんが「これは伝わらない」と思い、強引に「もののけ姫」としてテレビ公開したことで既成事実をつくりタイトルを決めてしまったそうです。

ちなみに「せっ記」というのは耳で伝えた伝承という意味だそう。

アシタカが村の人々を救ったのにも関わらず追い出されることになり、悔しい思いをしながらカヤに見送られるシーンで流れるアシタカを励ますような壮大な音楽のタイトルに使用されています。

【8】音楽は久石譲さんの作成。本作で初めて常設のプロオーケストラが起用

音楽は歴代ジブリの作曲を務めている久石譲さん。他に任せられる才能がない、ということで決まったそうです。ジブリを偉大な作品たらしめる存在の一つに音楽の素晴らしさがあると思いますが、本当に素晴らしい曲ばかり。

【9】キャッチコピー「生きろ。」はほぼ日糸井重里さん作

キャッチコピーの「生きろ。」は、ほぼ日の糸井重里さんが作成したコピー。

宮崎駿監督と鈴木敏夫さんと激論を交わした末に出来上がりました。糸井重里さんいわく「作品が出来上がる前にコピーを作らなければいけないのがこの仕事の特別なところ」と語っているそうです。

ハードなコピーに若者や女性に受けないのでは?と心配されたそうですが、見事に世界観を表現しているコピーです。

ちなみに、糸井重里さんはトトロでお父さん役の声優を担当しています。

【10】得意技「空を飛ぶ」を封じた

宮崎駿監督は空を飛ぶ表現がとても素敵なのですが、この作品ではその表現を封印しています。

鈴木敏夫さんは「50代半ばにして新人作家のように挑戦をしている」と表現します。

次のページでは映画の時代背景などを紹介!

コメント