暮らしに彩りを

くらしのワルツは、
暮らしを彩る情報をお届けするメディアです。

日向坂で会いましょうを見て知ったアイドルの人気の出し方

ごらく
ごらく

オードリーの若林さんが好きで、(もちろん春日さんも好き)出ている番組はなんとなくみるようにしている。(春日さんの番組は見ていないことが多い)

例えば中京テレビでやっている「オードリーさんぜひあってほしい人がいるんです」はHuluで見ているし、最近だとセブンルールを見ていなかったけど面白そうだからなんらかの配信で見ようと思っている。(FODで配信しているらしい)

そんな”若様ファン”の私は、ついに「日向坂で会いましょう」というアイドル番組を見た。この番組が抜群に面白い。。

日向坂46絶対売れる。。(というか売れてる。。)

正味アイドルファン童貞とも言える私がこんなことを言うと多分界隈的には「何を今更」「かぶれやがって」という反応が来そうだが、とにかく「日向坂で会いましょう」は抜群に面白い。

オードリーのことが大好きだからか、日向坂が面白いからかは正直わからないが、この人たちの番組面白すぎて全部見てしまった。どうやって見たかは明言しないが、小藪さんと共演しているHINABINGO!はHuluで配信しているらしい。

もはや売れているので「日向坂がなぜ売れると思ったか」「どんな魅力があるか」は軽めにしようと思うが、とにかくバラエティ対応もできる&みんな可愛い&オードリーが好きという3つの魅力で番組が抜群に面白い。ぜひ見ていただきたい。

個人的に推しというような人はいないのだが(誰かを推すという感じはよくわからない)、とにかく全員見ていて面白いし、それぞれの魅力がはっきり伝わる番組。若林さんは日向坂1stシングル「キュン」、2ndシングル「ドレミソラシド」でセンターを務めた小坂菜緒、長身でキレイ系だが可愛い系のおたけこと高本 彩花を「贔屓にしている」とギャグを飛ばすものの、基本的には全員がバランスよく脚光を浴びる上にそれぞれのキャラが映えるようなたくみな回しをする。

あるいは、オードリーのオールナイトニッポンで春日が結婚したときのコメントで話していた「武道館ライブが終わった今、目標がない。誰かの役にたつとか、誰かに幸せになってもらうとか、そういう生き方をしたい」と語る人生観が日向坂に向いているのかもしれない。見れば見るほどファンになる。

番組内でも度々語られるが「ここでバラエティ力をつけて羽ばたいていく」的な文脈はおそらく正しいのだろう。個々人のキャラが当初放送されていた「ひらがな推し」の時よりも色濃く現れている。

アイドルの人気の指標は歌唱力? それとも…。

この番組を見ているときにふと思ったのだが、アイドルが0から成長していくのは難しい。というのもアイドルにとっての「成長」というのは何か? と考えるとそれは「歌唱力」「踊り」「パフォーマンス」「可愛さ」という要素はもちろんあるが、それ以上に「認知度」「ファンの多さ」「バラエティ力」というものに左右される。

もちろん舞台のパフォーマンスだけで人気を博すことは可能だが、それ以上にテレビで活躍の舞台を伸ばすことが、個々人のアイドルとしては「売れる」ということになるだろうし、それには前者4つの魅力だけではない活躍が求められる。例えば、AKB48のアイドル時代は前田敦子は大人気だったが、今は指原莉乃の方が圧倒的に認知度が高い。もちろんアイドル時代にも人気はあっただろうが、アイドル界隈から芸能界、一般人の認知度という枠を見たときに指原莉乃の方が活躍の条件を満たしていたということになる。

また、日向坂46の楽曲をYouTubeで見ていたときに驚いたのが楽曲の再生数。現時点で「キュン」は700万回以上、「ドレミソラシド」も400万回以上再生されている。認知度高い! しかし、その際に各グループの楽曲再生数を見ると、1億回再生を超えた楽曲があるのはAKB48と欅坂46のみ。SKEと乃木坂は1億回を超える楽曲はない。むしろ日向坂46の再生数とさほど差がないように見える。

しかし、現時点の売れ方は両グループをテレビで見かける頻度を見れば明らかだろう。再生数には圧倒的な差がある乃木坂と欅坂は、バラエティの現場では圧倒的な差があるように感じる。その背後には「認知度」「ファンの多さ」「バラエティ力」という指標の強さが現れているように思う。

認知度なしのアイドルと人気芸人の相性の良さ

AKBグループはAKB48に始まり、SKE48、乃木坂46、欅坂46、日向坂46など様々なグループが存在するが、その全てで芸人と共演をするバラエティ番組がたくさんある。

AKBは有吉ひろいきさんと共演をしていたし、乃木坂はバナナマンさんや一部がおぎやはぎさん、欅坂も土田さんやハライチ澤部と共演をするなど、深夜帯の冠番組で芸人と共演をするところから芸能界をスタートしている。そして、日向坂はオードリーと共演する「ひらがな推し」改め「日向坂で会いましょう」、そしてHINABINGO!では小藪さんと共演をしている。

有吉弘行さんも好きだったので当時よく番組を見ていたし、今もオードリーさんが好きだから日向坂を見ている。そういう層がけっこう多いと思うのだが、アイドルを世間に広めていく戦略として

①「ライブで頑張ってもらう」(人気がなくて大変)→
②「ライブで人気出る」(人気がなかったところを脱却した)→
③「メジャーデビューする」(ライブ層のファンがCD実売を支える)→
④「深夜の冠バラエティを始める」(バラエティの練習、テレビ業界との接点・経験、人気芸人との繋がり、人気芸人のファンの獲得、キャラの獲得」→
⑤「メジャーで人気を博す」(芸人と他の番組で共演、キャラを見て抜擢、秋元康さんのコネで出演)

という流れが組まれていると思うのだ。日向坂46は現時点では④⑤の間にいる。その点で、欅坂46は④⑤が順調に行かなかったように思うが、日向坂はそこのシフトが過去もっともうまくいくメンバーが多いのでは? と思っている。理由は言うまでもなく「バラエティ力」そして「オードリー力」だ。オードリーのコアなファンはラジオを通じて大量にいる。AKBの有吉さん、南キャンの山ちゃん、乃木坂46のバナナマンもラジオで大量にコアファンがいたが、そういう層は「パーソナリティの出演している番組は全て好き。その人たちが出ている面白い番組の人たちは全て好き」となる傾向がある。現にセブンルールのYOUさんのことも、私は以前にもまして好きになっている。(欅坂の土田さんと澤部さんは深夜ラジオをやっていない)

そういう意味でいうと、次は深夜ラジオで活躍中の三四郎、アルコ&ピースなんかがバラエティをやるのがいいかもしれない(調べると三四郎はHKTと番組を持っている)。

次のページは「アイドルで成功するのは簡単なのか?」から

コメント