暮らしに彩りを

くらしのワルツは、
暮らしを彩る情報をお届けするメディアです。

「出版社にいなくても、ライターになる努力はできる」編集者・ライターになるには 第五回

しごと
しごと

前の記事はこちら。

「「ライターの種類と単価、そして書きたいものを書いて稼ぐライターについて詳しく」編集者・ライターになるには 第四回」

最後に、ライターを目指している人の中でも、いきなりそういう環境に飛び込むのが怖い、あるいは自分の経験が役立つ方法はないか? と考えている人もいると思うので、どういうスキルがライターのキャリアに活きるのか?を紹介して終わりたいと思う。

メディア/出版社以外で身につけられる力

普通の会社では、おそらく書くスキルは身につきにくい。あるとしたら広報や総務ではメディア向けの校正ルールがある場合が多く、執筆ルールを学べる可能性はある。

 

企画力、編集力、取材力についてはそれほど強い人がいない場合も多いので学びづらい可能性が高い。ただ、企画力、編集力において何が重要かというと「多くの読者に読まれること」(数字を達成すること)なので、営業や商品開発領域で数字を目標にしている部門での仕事は役に立つ可能性が高い。

 

まずは書くこと

あとは、最近はWebメディアが増えてきたり、サイト制作、ブログ制作は超簡単。

その上、Webメディアにトライしてみる企業はとても多いので、未経験でも書かせてくれる可能性は高い。

 

そのときに「未経験ですが挑戦してみたい」という意志を伝えるためにnoteやはてなブログなどでブログを初めてみたり、知人でもいいからインタビューをしてみたりするといいと思う。

ライターになるためにできる努力・他の記事

・「読者がつく記事には意図がある」企画づくりのヒント第一回

ライターになるための企画力を磨くための記事シリーズ

 

・「「取材準備の時間は長いほどいい」企画づくりのヒント第三回」

上のシリーズの中で特に取材について書いた記事

 

・「物を書く実力を上達させたいなら「デザイン」を学ぼう」

デザインを学ぶと記事を書くときに大事な「意図」を磨きやすくなるし、読みやすい記事が書きやすいという話

 

・「ブログを始めるときに読んでほしい5冊。SEOライティング、取材・執筆まで」

ライターになるためのブログ、独学でも参考になりそうな書籍などをまとめた記事。これまでのシリーズとのかぶりも多い。

 

以上。

コメント