暮らしに彩りを

くらしのワルツは、
暮らしを彩る情報をお届けするメディアです。

実写映画「銀魂」のあらすじ・ネタバレありの感想。橋本環奈の演技って面白い

ごらく
ごらく

実写映画「銀魂」を見ました。

前職の上司が面白いと言ってたので「本当に? 実写アニメって面白くないイメージしかない…」と思いつつ見ると、たしかに面白かったです。

原作も再現しつつ、実写ならではの魅力を表現しているいい映画だった。

アニメの実写化をそもそもあまり見ないから比較のしようはないけど、普通の日本映画くらいは面白いと思います。(小栗旬かっこよかった)

「インスタント」な映画|映画「銀魂」の感想・考察①

中身はインスタントな印象で、洋画や日本のアニメで描かれるような深い表現はないと思いました。

ただそれは中高生向けだったり、ライトな笑いを追求した作品ならではなのかな? とも思います。

スナック的に、さくっと見れる。楽しめる。

映画というよりYouTubeで高画質な映像をみているようなスナック感を感じました。

アニメの実写化は評価軸が割れる|映画「銀魂」の感想・考察②

スナックといっても悪口ではなく「とても良い作品」だと思っています。

「アニメの実写化」って、議論になりがちですし、漫画原作のファンからの反発もあって評価がはっきりしないことが多いと思います。

多分それって

・原作の再現度
・原作ファンから見た面白さ(内容・演出・キャスト)
・初見の人から見た面白さ(内容・演出・キャスト)
・映画単体での面白さ(内容・演出・キャスト)
・漫画アニメを実写にした際の表現の良さ(内容・演出・キャスト)

とか、評価する視点がいろいろあるからだと思うんです。普通の作品だったら「内容」「演出」「キャスト」みたいな軸で評価すればいいだけなのに…。

再現だけでもだめだし、再現してなくてもダメ。でもリアルだとダメだから、ファンタジーじゃないとだめ。

それでいうと銀魂はバランスがとてもよくて、当時原作を知らなかった私も楽しめたのでとても良かったと思っている。

結局、原作も見た|映画「銀魂」の感想・考察③

で、最終的に「原作気になる…」となり、アニメをアマソンプライムビデオで視聴。ジャンプのアプリで無料分を試し読み。実写の「銀魂2」も見るという結果に…。

このとき、あれ? 実写化成功に貢献させられてるなあと思った。

こういう現象を狙っているためか、講談社、集英社では漫画のアニメ化に止まらず、映画化にも派生をしているのだと思うが、この監督に頼めば安心っていう感じになっているだろう。

監督は福田 雄一さん、めちゃめちゃアニメ実写やってます。ムロツヨシさんと仲がいいのが有名ですね。

・勇者ヨシヒコシリーズ(テレビ東京)
・聖☆おにいさん(2019年、NHK総合)
・ニーチェ先生(2016年1月 – 3月、Hulu・読売テレビ)
・斉木楠雄のΨ難(2017年)
・ヲタクに恋は難しい(2020年)

など

ということで映画銀魂おすすめです。

映画「銀魂」アマゾンプライム

コメント