暮らしに彩りを

くらしのワルツは、
暮らしを彩る情報をお届けするメディアです。

あさりの塩抜きで失敗しない方法・コツを紹介します。

くらし
くらし

あさりの塩抜きは丁寧にやると失敗はしないのですが、慣れてきて塩水を適当につくったり、時間を短めにしたりすると痛い目を見ます。

今回は丁寧にできるあさりの塩抜きの方法を紹介します。

あさりの塩抜きに必要な材料

・500mlのペットボトル
・塩(3% – キャップ2杯分)

あさりの塩抜きの流れ

①下準備

・500mlのペットボトルに水を入れて、キャップ2杯分の塩を入れる。すると3%の塩水ができる。

②塩抜き開始

・あさりをかしゃかしゃ洗う。貝同士をこすり合わせるようにして表面の汚れをおとす
・あさりを器に入れる(タッパーやボウル、トレーでも可)
・タッパーに入れたあさりの表面が、ぎりぎり隠れる程度に塩水を注ぐ
・器にアルミホイルをかるくかぶせて、暗闇をつくる。20度に保って1時間〜3時間程度浸す
→海に近い状況をつくるのがコツです。

・夏場だと20度を厳密に保つのは難しいので、まずは冷蔵庫に10分、常温で50分放置するようにしています。
・1時間たったら真水で洗い流して完了

 

あさりの塩抜きは丁寧にやると失敗しませんが、慣れてくると徐々に失敗するようになります。定期的に立ち返って、丁寧に塩抜きをする癖をつくりましょう。

コメント